相沢友子はどこ行った?セクシー田中さん脚本家・滞在先5つを調査!

セクシー田中さん脚本家の相沢友子さんを取り上げます。

相沢友子さんは、2024年1月29日、自身のInstagramを非公開にしました。

その後、ぱったりと投稿がなく心配されているようです。

どこに行ったのでしょうか。

今回は、相沢友子さんの滞在先と思われる場所5つを調査します!

スポンサーリンク
目次

脚本家相沢友子はどこ行った?滞在先5つを調査!

脚本家相沢友子さんは、1月29日に自身のInstagramを閉鎖。その後はSNSでの発信はされていないようです。

どこに行ったのでしょうか?滞在先5つは、

  1. 病院
  2. 実家
  3. 自宅
  4. ホテル

ひとつずつ見ていきましょう!

①病院

政治家や芸能人が、雲隠れする滞在先は病院があるようです。

政治家の場合は、昭和40年代の佐藤内閣の後半には始まっていたそうで、ベテラン議員ともなると病院とのパイプがあるとのこと。

政治家や官僚が進退窮まると病院に逃げ込むのは昭和40年代の佐藤内閣の後半には始まっていた。ベテラン議員になるとそれなりに病院とのパイプがあるが、基本的にはセキュリティがしっかりした大病院ということになる。逃げ込む場所だから料金が高くても情報が漏れないことが一番重要なわけです」

https://www.news-postseven.com/archives/20210308_1641122.html/2#google_vignette

なかなか闇の深そうなお話ですね。

その政治家の御用達病院といわれているのは、

大平正芳・元首相が入院した国家公務員共済の虎の門病院

脳梗塞で倒れた小渕恵三・元首相が緊急入院した順天堂医院

安倍晋三・前首相が検査を受けていた慶大病院など

いずれも“VIP患者”のための個室があり、情報管理も厳重なんだそうですよ。

政治家や高級官僚の“御用達”とされるのは、大平正芳・元首相が入院した国家公務員共済の虎の門病院、脳梗塞で倒れた小渕恵三・元首相が緊急入院した順天堂医院、安倍晋三・前首相が検査を受けていた慶大病院などが知られている。いずれも“VIP患者”のための個室があり、出入りが厳重にチェックされるなど取材は困難で、情報管理も厳重だ。

https://www.news-postseven.com/archives/20210308_1641122.html/2#google_vignette

相沢友子さんも、もしかするとVIP病院に入院しているのかもしれませんね。

病院以外では、どこでしょうか。

スポンサーリンク

②実家

イメージ

相沢友子さんの出身地は、東京都練馬区です。

ご実家で療養している可能性もありますが、その場合ご家族に負担がかかるので、実家にはいないと推測します。

③旅

相沢友子さんは、Instagramでよく旅行の投稿をしていました。

画像引用:Instagram
画像引用:Instagram

「いつものようにフラッと京都へ」などと投稿しているので、よく泊まる馴染の宿などがあった可能性があります。

先週、いつものようにフラッと京都へ。永観堂、圓光寺、詩仙堂、真如堂と紅葉の名所を巡って来ました。

引用:Instagram

京都や旅先でゆっくりと過ごしているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

④自宅

イメージ

相沢友子さんの自宅の場所については

公表されていません

ですが、脚本家という職業から出版社などにも近い都内在住だと推測します。

都内の自宅では取材記者などが殺到し休めないので、自宅にはいないのではないでしょうか。

⑤ホテル

相沢友子さんは自宅には帰らずに、別の場所にいると思われます。

相沢友子さんのInstagramを見ると、ふらっと京都に行ったり気ままで優雅な生活をしているようです。

そのため宿泊先はネットカフェやカプセルホテルなどではなく、高級ホテルや少なくともビジネスホテルクラスを使用しているのではないでしょうか。

今はしっかりと療養し、身心を休めていただきたいです。

相沢友子さんの言葉が聞ける日を、待ちたいと思います。

スポンサーリンク

相沢友子・追悼コメント

2024年2月8日追記

相沢友子さんは2024年2月8日、自身のインスタグラムで追悼のコメントを発表しました。

このたびは芦原妃名子先生の訃報を聞き、大きな衝撃を受け、未だ深い悲しみに暮れています。心よりお悔やみ申し上げます。

芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかりで、それを読んで言葉を失いました。いったい何が事実なのか、何を信じればいいのか、どうしたらいいのか、動揺しているうちに数日が過ぎ、訃報を受けた時には頭が真っ白になりました。そして今もなお混乱の中にいます。

SNSで発信してしまったことについては、もっと慎重になるべきだったと深く後悔、反省しています。もし私が本当のことを知っていたら、という思いがずっと頭から離れません。あまりにも悲しいです。事実が分からない中、今私が言えるのはこれだけですが、今後このようなことが繰り返されないよう、切に願います。

今回もこの場への投稿となることを、どうかご容赦ください。お悔やみの言葉が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。芦原妃名子先生のご冥福をお祈りいたします。

2024年2月8日相沢友子

https://news.yahoo.co.jp/articles/d985a30250661ccda2956d10e2314744e840ffc0

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
//
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次