脚本家相沢友子は結婚して旦那はいる?学歴や元歌手の経歴も調査!

脚本家の相沢友子さんが話題です。

今回は、相沢友子さんの結婚について調査します!

スポンサーリンク
目次

相沢友子wikiプロフィール

画像引用:Instagram

初めに、相沢友子さんのwikiプロフィールをご紹介します。

  • 名前:相沢友子(あいざわともこ)
  • 生年月日:1971年5月10日
  • 年齢:52歳(2024年1月現在)
  • 出身地:東京都練馬区
  • 前職:シンガーソングライター
  • 事務所:ホリプロ⇒ヒッツビル

脚本家の前は、シンガーソングライターだったようです!

では、結婚について見ていきましょう!

スポンサーリンク

脚本家相沢友子は結婚して旦那はいる?

画像引用:Instagram

結婚・旦那

相沢友子さんの結婚や旦那についてですが、

公表されていないようです

相沢友子さんのSNS、Instagramを見る限りプライベートな情報は公表していないようで、結婚や子供の存在も明らかになっていません。

ですが19歳での歌手デビュー以来、苗字が相沢のままで活動されていることや、「いつものようにフラッと京都」とInstagramで投稿していることからも、現在は独身であると推測します。

先週、いつものようにフラッと京都へ。永観堂、圓光寺、詩仙堂、真如堂と紅葉の名所を巡って来ました。

引用:Instagram

スポンサーリンク

相沢友子の学歴

相沢友子さんの学歴についてご紹介します。

高校

相沢友子さんの出身高校についてですが、

公表されていないようです

ですが、東京都練馬区出身であり、高校在学中から文化放送でコンサート・リポーターを務めていたことからも、都内の学校に通学していたのではと推測します。

大学

相沢友子さんの出身大学についてですが、

公表されていないようです

ですが、高校卒業後の19歳で歌手デビューを果たしていることからも、大学には進学せず歌手活動に専念したものと推測します。

スポンサーリンク

相沢友子の経歴

相沢友子さんは、高校在学中から文化放送でコンサート・リポーターを務め、詞を書いていたところソニーミュージックのスタッフに歌うことを勧められたそうです。

19歳:歌手デビュー

1991年19歳の時にシングル「Discolor days」で歌手デビューを果たしました。

リポーターから歌手デビューとは、とんとん拍子!

シングル1作目は「Discolor Days」(1991年3月21日)。

ジャケット写真のまなざしからも、意志の強さが感じられますね。

その後ホリプロに所属し、女優活動もしながら6枚のシングル、4枚のアルバムを発表しました。

2作目「サヨナラ」(1992年1月22日)

3作目「Thanks」(1994年7月21日)

お綺麗ですね。

4作目「女の子たち」(1994年10月1日)

5作目「カラッポの記念日」(1995年1月21日)

こちらは、TBS『とっても母娘』の主題歌に起用されています。1995年の「花王 愛の劇場」で放送された昼ドラマで母子家庭の日常をコミカルに描いたドラマです。主演は、渡辺典子さんと、娘役は奥菜恵さんだったそうです。

ドラマの主題歌とはすごいですね!

6作目「僕のせいじゃない」(1996年3月21日)

詩に定評があり、後の脚本家転身に納得された方も多いようです。

アルバムは、20歳~25歳頃の作品です。

部屋のない扉(1991年3月21日)
アスベストの海の中を(1992年2月21日)
胸の音(1994年8月21日)
安心毛布(1996年6月21日)

スポンサーリンク

24歳:女優

女優としての活動は、24歳~26歳頃。

ドラマ
僕らに愛を!(1995年、フジテレビ) – 沢井薫子 役
総理と呼ばないで(1997年、フジテレビ) – 事務員 役

29歳:脚本家

脚本家になったきっかけは、マネージャーが「小説を書いてみたら?」の言葉だったそうです。

二足の草鞋を封印し小説を執筆、1999年には第15回太宰治賞の最終候補作に小説『COVER』がノミネート。

さらにマネージャーの紹介で、共同テレビジョンの小椋久雄氏に脚本執筆の指導を受け、2000年に『世にも奇妙な物語』、「記憶リセット」で脚本家デビューを果たしました。

相沢友子さんの実力もありますが、きっかけや脚本家を紹介してくれたマネージャーさまさまですね!

主な作品は、

  • テレビドラマ
  • 2000年:『世にも奇妙な物語』シリーズ
  • 2001年:『私を旅館に連れてって』
  • 2002年:『恋ノチカラ』
  • 2008年:『鹿男あをによし』
  • 2012年:『鍵のかかった部屋』
  • 2019年:『トレース〜科捜研の男〜』
  • 2022年:『ミステリと言う勿れ』
  • 映画
  • 2000年:『世にも奇妙な物語 映画の特別編』
  • 2005年:『大停電の夜に』
  • 2009年:『重力ピエロ』
  • 2010年:『東京島』
  • 2011年:『プリンセス トヨトミ』

おー!『恋ノチカラ』大好きです!深津絵里さんの魅力全開な作品でしたよね♡

どれも知っている作品ばかりですね!素晴らしい経歴です。

お読みいただきありがとうございました。

今後の益々のご活躍をお祈りいたします。

スポンサーリンク
//
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次