【時系列】日大アメフト部員薬物事件まとめ!わかりやすく解説!

日大アメフト部がまた話題になっています。

日大寮に住む男子学生が、覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反の容疑で2023年8月5日に逮捕されました。

日大に何があったのでしょうか?

今回は、【時系列】日大アメフト部員薬物事件まとめ!わかりやすく解説!を調査します!

スポンサーリンク
目次

日大アメフト部員薬物事件

2022年から学生内で大麻使用疑惑があり、大学内で調査がありました。

結果は学生たちに説明されず時は過ぎ、2023年7月10日に関係各所に「告発文書」が送付。

本格的に調査を開始し薬物とみられるものが発見され、

寮に家宅捜索が入り、該当生徒は覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。

薬物とみられるものの発見から、12日以上経過しての警察への通報に隠ぺいしたのではないかと、

疑惑があると報じています。

大学側の任意の調査で、寮内から植物片と錠剤を発見しながら、警視庁への報告は12日後となった。競技スポーツ担当の沢田康広副学長は、植物片が大麻であると推認しながら「学生が反省するなら自首させたい」と考えた処置なのだという。証拠隠滅や犯人隠避に問われかねない行為である。

引用:https://www.sankei.com/article/20230810-RDA3LQFQTJKONJH4Z4YQNDCJZA/

また、「適切な時期に適切な情報が自分のところに来ていたか?」の記者会見での質問に対し、理事長は

「学長には学生の情報がすぐに入る。その後に理事長に来るのできちんと報告されている」と話すが、

ヒアリングや持ち物検査などは副学長が主で行っており、

大学としてのガバナンスも、疑問の声が上がっていると報じています。

日本大学アメリカンフットボール部員による違法薬物所持事件を巡り、大学のガバナンス(統治)に対し、国の担当者らから疑問の声が上がっている。「情報伝達に問題があったのでは」。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2023080900955&g=soc

2023年7月10日の「告発文書」はA4用紙1枚で、筆者は日本大学スポーツ科学部に所属する学生の保護者と名乗る人物からでした。

告発文書と日大記者会見から、事件を時系列で一つずつ見ていきましょう!

スポンサーリンク

【時系列】わかりやすく解説!

事件の発端は1年前の2022年10月からでした。

2022年10月:保護者会

大麻を吸っている学生がいるということで、父母会で問題となり保護者会が行われました。

(告白文書より)息子はアメリカンフットボール部の推薦で入学し、スポーツ科学部に通いながら寮生活をしています。その寮は中野区南台にあるアメリカンフットボール部の寮で60名ほど住んでいます

昨年、寮で大麻を吸っている上級生のチームメイトがいるとのことで、

同じ部屋の子が親に相談しました。それが父母会で問題になり、保護者会が開かれました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/89954205f3caa36c75fc960e2c576df04a53f661?page=1

2023年8月8日の日大の記者会見では、

⇒部員121人に聞き取り調査を行ったが、「事実は確認できなかった」とのこと。

スポンサーリンク

11月下旬:大麻使用自己申告者がいた

2022年11月下旬に「7月頃に大麻を吸った」と自己申告があり警察に相談。

昨年10月29日に開催された保護者会の開催後、部長をはじめとする指導陣に、寮内で大麻を使用していないか調査するよう依頼があった。部員121に対して11月6日に聞き取り調査をしたが、使用の事実は確認できなかった。その後、11月下旬に所属する学生1人から7月ごろに吸ったと自己申告があった。

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308080000587.html

⇒自己申告であり事実か確認できないとして、学生は厳重注意処分したと報じています。

警察から物的証拠がないことや、申告から4カ月が過ぎており、立証は困難であると回答があった。一方で自己申告の生徒には厳しく指導するよう言われ、部の指導陣より厳重注意をした

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308080000587.html

大学の調査で大麻使用複数名を特定

告白文では、日大の調査では上級生たちが大麻を吸っていたことを認めた、

しかも複数名いたが日大の懲戒委員会にはかけなかった、試合にも出ていたとしています。

さらには、ほかのチームメイトに説明もなかったと伝えています。

(告白文書より)大学の調査で上級生たちは大麻を吸ったことを認めましたが、コーチ陣の方針で退部退学させず、犯罪を犯しているのに大学の懲戒委員会にもかけませんでした。隠蔽です

何もなかったように秋にはリーグ戦に出ていました。

息子やその他チームメイトはこの異常な状況の中、何の説明もされずに今日まで過ごしています。

中村(俊英)監督やコーチに何かを言ったら推薦入学なので大学も辞めなければいけないという考えもあります。

私たち保護者もどうしてよいかわからず、ただひたすら自分の息子たちを応援するしかない状態です

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/89954205f3caa36c75fc960e2c576df04a53f661?page=1

12月10日:警察の薬物講習会

2022年12月10日に警察からとして、薬物に対する講習会を受ける。

警察としても真偽が不明のため講習会を行って対策したいと申し出があり、講師に招いて薬物乱用の防止講習会を行った」

https://www.nikkansports.com/sports/news/202308080000587.html

12月11日:保護者会

講習会の翌日には保護者会が開かれました。

⇒保護者には調査報告をしたことは確認できていないようです。

スポンサーリンク


2023年6月30日:警察から大麻使用疑惑

2023年6月30日に 警察から日大アメフト部の学生寮で大麻使用の疑いがあると指摘。

⇒まず、日大側が調査をすることになったようです。澤田副学長は犯罪の事実があれば自主をすすめようと思ったとのこと。

7月4日:3名の学生にヒアリングと持ち物検査

7月4日に3名の学生にヒアリングと持ち物検査をした結果

⇒21歳の部員の男子学生寮の部屋のベッドに備え付けの収納ボックスから、

茶葉のようなカスが入った小さいビニール袋がみつかる。

⇒ビニール袋の茶葉のようなカスは薬物であるという確証がないので、

ヒアリングが終了したらまとめて警察に相談しようと思っていたと澤田副学長。

7月6日:今回逮捕された学生本人にヒアリング

7月6日に今回逮捕された学生本人にヒアリングをしたが、

⇒まだ自主ができる状態ではなかったと日大側が判断。

警察に通報しないという判断をしたことに対し、澤田副学長は間違いではなかったと記者会見では話していました。

さらには、

⇒大学は捜査機関ではないので、教育的配慮が必要。もし薬物なら自主をすすめていこうと思っていたと澤田副学長。

だから、日大側が警視庁に連絡したのが7月18日になり“空白の12日間”になったようです。

スポンサーリンク

7月7日:日大側が男子学生寮を捜索

7月7日からは他の学生にもヒアリングと持ち物検査を進めていった。

⇒ヒアリング持ち物検査は競技スポーツ部職員と、澤田副学長で警察と連絡を取り合い進めていたようです。

学生にはきちんと説明をしてから立ち入りをしたと、澤田副学長は記者会見で話していましたが、

いきなりだったと告白文書では伝えています。

(告白文書より)先週、息子から聞いた話では、7月上旬に日大本部職員が数名アメリカンフットボール部寮に立ち入り、いきなり学生達のベッドや鍵付きの金庫まで全てひっくり返し、持ち物検査をしたとのことです。

そのようなプライベートも何もない行為を行った中にはアメフト部の中村監督、Aコーチもいたとのことです

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/89954205f3caa36c75fc960e2c576df04a53f661?page=1

7月10日の告発文を受けて大学内で本格的に捜索が行われたと思われます。

(告白文書より)そのパケを本部職員は本部へ持ち帰りました。

当該学生にはまたもや何の処分もなく、警察にも通報していません。

このまま、隠蔽するつもりでしょうか。林真理子理事長はご存知でしょうか〉

これは、完全な日大職員の犯罪隠ぺい行為ではないでしょうか。

農大ボクシング部も大麻事件が最近ありました。日大野球部は未成年の喫煙で選手を処分しています。

日大アメフト部は隠蔽ですか。学生ファーストの動き方でしょうか…調査をお願いします

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/89954205f3caa36c75fc960e2c576df04a53f661?page=1

しかし日大側は、捜索しても学生の処分等はなく警察への通報もしていないと告白文書では伝えています。

家族の悲痛な叫びが聞こえますね。

7月10日:告発文書全文

日大本部、各報道機関、日本アメフト協会、関東アメフト連盟 あてに、

匿名の「保護者」を名乗る人物から「告発文書」が関係各所に送付されます。

「告発文書」はA4用紙1枚で筆者は、日本大学スポーツ科学部に所属する学生の保護者と名乗る人物からでした。

「隠蔽です」

息子はアメリカンフットボール部の推薦で入学し、スポーツ科学部に通いながら寮生活をしています。

その寮は中野区南台にあるアメリカンフットボール部の寮で60名ほど住んでいます

昨年、寮で大麻を吸っている上級生のチームメイトがいるとのことで、

同じ部屋の子が親に相談しました。それが父母会で問題になり、保護者会が開かれました。

大学の調査で上級生たちは大麻を吸ったことを認めましたが、コーチ陣の方針で退部退学させず、

犯罪を犯しているのに大学の懲戒委員会にもかけませんでした。隠蔽です

何もなかったように秋にはリーグ戦に出ていました。

息子やその他チームメイトはこの異常な状況の中、何の説明もされずに今日まで過ごしています。

中村(俊英)監督やコーチに何かを言ったら推薦入学なので大学も辞めなければいけないという考えもあります。

私たち保護者もどうしてよいかわからず、ただひたすら自分の息子たちを応援するしかない状態です

先週、息子から聞いた話では、7月上旬に日大本部職員が数名アメリカンフットボール部寮に立ち入り、

いきなり学生達のベッドや鍵付きの金庫まで全てひっくり返し、持ち物検査をしたとのことです。

そのようなプライベートも何もない行為を行った中にはアメフト部の中村監督、

Aコーチもいたとのことです

そのパケを本部職員は本部へ持ち帰りました。

当該学生にはまたもや何の処分もなく、警察にも通報していません。

このまま、隠蔽するつもりでしょうか。林真理子理事長はご存知でしょうか〉

これは、完全な日大職員の犯罪隠ぺい行為ではないでしょうか。

農大ボクシング部も大麻事件が最近ありました。日大野球部は未成年の喫煙で選手を処分しています。

日大アメフト部は隠蔽ですか。学生ファーストの動き方でしょうか…調査をお願いします

日大本部、各報道機関、日本アメフト協会、関東アメフト連盟、へお送りします

令和5年7月10日

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/89954205f3caa36c75fc960e2c576df04a53f661?page=1

大変な憤りを感じます。

5年前の「日大危険タックル問題があり」日大への入学は家族間でたくさん話し合ったと思われます。

しかしこのようなことが起きてしまい穏やかではないですよね。

スポンサーリンク

7月18日:警視庁に相談

男子学生寮を捜索して大麻がみつかってから12日後に、日大側が警視庁に相談。

7月19日:警視庁は薬物を押収

7月19日に警視庁は錠剤等を押収。植物片は乾燥大麻で錠剤は覚せい剤の成分が検出。

7月中旬:寮生全員に尿検査

7月中旬に寮生全員に対して尿検査が行われたようです。

7月中旬、大学側が全寮生を対象とした尿検査を行っていたことが5日、分かった。 関係者によると、尿検査に加え、部員に対して1人数時間に及ぶ聞き取り調査も行った。その内容は家族構成や外部との連絡手段にまで及んだという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/b2c069403feaf90018417bc0529dac03542814b1

7月22日:保護者会

7月22日の保護者会では、尿検査などの調査については明確な説明がなかったと日刊スポーツでは伝えています。

同月22日の保護者会を含め、大学側から尿検査や聞き取り調査の実施理由については明確な説明がない模様だ。部員や保護者も報道等を通じて事態を把握している状況だという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/b2c069403feaf90018417bc0529dac03542814b1

8月2日:日大は薬物を否定

8月2日に日大は報道各社に「寮内において違法薬物が検出された事実は確認できていない」と

麻薬所持を否定しました。

スポンサーリンク

8月3日:警視庁が男子寮を捜索

8月3日に警視庁が寮を捜索。部員の部屋や屋上などの共有スペースを調べた。

同日、日大は8日に理事長らが記者会見をすることを発表。

8月4日:日大声明文

https://www.yomiuri.co.jp/national/20230803-OYT1T50116/

8月4日に日大はアメフト部の薬物問題について声明文を発表

「本学アメリカンフットボール部員の薬物所持について、マスコミ各社から報道されております。本学関係者の皆様、本学のスポーツを応援していただいている皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。本学としては引き続き、警察の捜査に全面的に協力し、大学をあげて原因究明と再発防止に向けて全力で取り組んでまいります。薬物の使用の有害性・危険性・反社会性は明らかであり、犯罪事実等、不適切な事実が確認された場合には、厳正に対処する所存です」

引用:https://www.daily.co.jp/general/2023/08/04/0016662048.shtml

スポンサーリンク

8月5日:日大アメフト部3年生部員を逮捕

8月5日に警視庁は日本大学アメリカンフットボール部所属の3年生を逮捕。

アメフト部は無期限停止へ。

警視庁が8月3日に学生寮を家宅捜索。同5日、3年生部員が覚醒剤取締法違反容疑などで逮捕され、合成麻薬と思っていたとして麻薬取締法違反罪で起訴された。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASRBJ63XCRBJUTIL01P.html

8月7日:部員100人の署名出場嘆願書

8月7日に部員100人の署名出場嘆願書を大学へ提出。

主将、副将3人、総務1人の学生幹部5人は7日、部員100人の署名を集めて秋のリーグ戦への出場嘆願書を大学側に提出した。「何か状況が変わるかもしれない。やれることはやろうと相談し決めました」

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308100000003.html

8月8日:日大記者会見

林真理子理事長は、8月2日の囲み取材で「寮内において違法薬物が検出された事実は確認できていない」と伝えたことは、薬剤の確定はまだ受けていないということだった。

言葉足らずだった。理事お飾りと言われるのは残念。

引用:8月8日:日大記者会見

現在のアメリカンフットボール部「フェニックス(愛称の不死鳥)」に在籍する部員は123人で、寮生は27人とも説明された。

引用:https://www.nikkansports.com/

スポンサーリンク

8月8日19時:保護者会

8月8日の会見後の19時に保護者会を開き、沢田康広副学長が出席。今回の容疑者が7月19日に警察署へ出頭していたが聴取だけで身柄を返されたと報じています。

沢田康広副学長が出席して事情を説明。今回の容疑者が、先月19日に警察署へ出頭していたことが報告された。しかし聴取だけで身柄を返されたといい、逮捕は今月5日。“自首”から17日間の捜査を経ても、警視庁は容疑者1人だけを押さえに来たため、中村敏英監督は「もう他にいないと信じている」と口にしているという。

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308090000022.html

自己申告した部員は、今春卒業した部員だったと報じています。

出席を終えた保護者からは、新たな証言も出た。昨年11月に「大麻のようなものを吸った」と自己申告も、立証が難しく厳重注意処分に終わっていた部員は、今春卒業した部員だったという。保護者会では明言されなかったものの、内々で得た情報とみられる。幹部選手も「うわさはありましたが(昨年の薬物講習会を最後に)もう終わった話だと思っていました」と驚いた。

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308090000022.html

8月9日:覚せい剤はおまけでもらった

容疑者は逮捕前の任意聴取に、覚醒剤は「大麻を買った際にもらった」と説明していた。

警察は入手経路を捜査中。

容疑者(21)が警視庁の逮捕前の任意聴取に、覚醒剤について「大麻を買った際にもらった」と説明していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。何者かが大麻の販売に乗じて覚醒剤を勧めたとみられ、警視庁薬物銃器対策課は入手経路を詳しく調べる。

引用:https://www.nikkansports.com/general/news/202308090000298.html

8月9日:関東学生連盟に参加意向・無期限活動停止の解除

8月9日に大学は、関東学生連盟に参加意向の連絡。

今季の関東大学リーグ戦に参加する意向を9日中に固め、関東学生連盟に伝達していたことが10日、分かった。複数の関係者によると、部員も参加した緊急の保護者会を8日から2夜連続で開催。競技スポーツ担当の沢田康広副学長や中村敏英監督が、参加者とオンラインでリーグ戦への参戦可否について話し合い、出場する方向でまとまったという。無期限活動停止の解除も10日付で決定。

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308090001046.html

同日無期限活動停止の解除。個人の問題として連帯責任は負わせず。

「部員1名による薬物単純所持という個人犯罪」と認定し「個人の問題を部全体に連帯責任として負わせることは、競技に真剣に取り組んできた多くの学生の努力を無に帰することになる」と決断

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308110000027.html

8月10日:当面出場資格停止

関東学生連盟は「現状では試合に出場させることはできない」と判断。処分理由は以下4点。

  1. 日大アメフト部側から、逮捕された部員以外の部関係者全員が違法薬物に潔白であると保証できない旨が示されたこと
  2. 逮捕された部員以外の部の関係者に違法薬物を使用した者が存在している疑いが払拭できないこと
  3. 再発防止策の提示ならびにその実施がなされていないこと
  4. 部関係者(指導者、学生を含む)の責任の所在が明らかでないこと

各試合日の1カ月前を期限に4条件をクリアした場合、参戦できるが参考試合。

各試合日の1カ月前を期限に4条件をクリアしたと判断された場合、途中参戦が許される。しかし扱いは「参考試合」だ。勝敗はつかない。大学日本一決定戦「甲子園ボウル」出場は消滅、最高でも1部下位BIG8との入れ替え戦に回ることになった。ないとは思われるが、相手から辞退されれば試合すら行えなくなる。

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308110000027.html

関東学連は連帯責任以前の問題であると厳しく突き放した。

関東学連は「連帯責任」を求めない方針だったが、それに則ったとしても「これまで日大アメフト部が十分な事実の解明をなさず、かつ、同部が責任の所在を明確化していないため、現段階では同部全体を処分せざるを得ず、これは連帯責任以前の問題であると考えます」と厳しく突き放した。

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308100001423.html

8月11日:練習再開・保護者会

8月11日から練習再開。

日大広報部は一夜明けたこの日、本紙の取材に受け止めのコメントを寄せた。

「学連の決定を厳粛に受け止め、学連から示された復帰のための4項目を1日も早く満たすことができるように努めてまいります」

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/202308110001593.html

同日に保護者を開き、会関東学生連盟からの「当面の間の出場資格の停止」の処分の報告

関東学生連盟から「当面の間の出場資格の停止」の処分が科されたことなどを報告。同連盟からは「逮捕された部員以外に違法薬物を使用した者が存在している疑いが払拭できない」と指摘されている。

引用:https://www.sponichi.co.jp/society/news/2023/08/13/kiji/20230812s00042000703000c.html

再度、ヒアリングを行う予定。

容疑者(21)以外の部員全員の潔白を証明する方法について日大は「第一次的には大学におけるヒアリングを中心とした調査により、第二次的には現在逮捕されている学生の捜査の結果を参考としたい」

引用:https://www.sponichi.co.jp/society/news/2023/08/13/kiji/20230812s00042000703000c.html

8月22日:寮を再び家宅捜索

2023年10月18日追記

部員4人を任意聴取。

同課は寮を再び家宅捜索した8月22日に北畠被告と別の部員4人を任意聴取しており、うち1人が矢部容疑者だった。関係者によると、両容疑者とは別の部員は違法薬物の入手先について「高校時代の友人から買った」とも話しているという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/8e8bf529d9e19b0ec5acd9c5ac73e8336194f7ba

8月末に学生寮は閉鎖されています。

事件を受けて大学は8月末に学生寮を閉鎖し、部を無期限の活動停止処分にしていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231129/k10014271811000.html

10月16日:現役4年生部員を逮捕

2023年10月18日追記

現役部員で大学4年生を麻薬特例法違反の疑いで逮捕したと報じています。

警視庁は新たに現役部員で大学4年の21歳の男を麻薬特例法違反の疑いで逮捕しました。

日大アメフト部の4年生の男(21)は今年、東京都内で大麻を違法薬物と認識したうえで譲り受けた疑いが持たれています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/d992a8289f807541a38cfa521b4a6575dbbcbc0f

日大アメフト部の4年生の男(21)は今年、東京都内で大麻を違法薬物と認識したうえで譲り受けた疑いが持たれています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/d992a8289f807541a38cfa521b4a6575dbbcbc0f

11月27日:沢田副学長が林理事長提訴

2023年11月30日追記

沢田氏側は林氏の発言や行動がパワハラに当たると主張し、林真理子理事長に1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと報じています。

日本大学アメリカンフットボール部員の違法薬物事件の対応を巡って沢田康広副学長が27日、林真理子理事長に1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb065c9bbd4224701a1fc7f7d1ea88b8236ae620

沢田氏側は、林氏の発言は「故意に相手をおとしめる違法なパワハラだ」と指摘。

林氏は9月4日、理事長室で沢田氏に対し、薬物事件対応の責任を取るよう伝えた。この際、「警視庁による沢田氏への捜査が進んでいる」などと発言。事実とは異なる内容だったという。また合理的な説明をしないまま8月22日~9月7日、理事会などほぼ全ての会議への出席禁止命令を出すなどした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb065c9bbd4224701a1fc7f7d1ea88b8236ae620

11月27日:3年生部員逮捕

2023年11月27日、3年生の男子部員が麻薬特例法違反の疑いで逮捕されたと報じました。

27日、3年生の男子部員が密売人から大麻とみられる違法薬物を購入したなどとして麻薬特例法違反の疑いで逮捕

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231129/k10014271811000.html

11月28日:日大アメフト部廃部へ

日本大学が、アメリカンフットボール部を廃部にする方針を決めました。

日本大学がアメリカンフットボール部を廃部にする方針を決めたことが分かりました。  関係者によりますと、28日に日本大学で会議が開かれ、アメリカンフットボール部を廃部にする方針を決めたということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/67389a32f7586568f1e44139b8ef0d862131c245

11月29日:酒井学長と沢田副学長辞任

酒井健夫学長と沢田康広副学長(競技スポーツ担当)の辞任を承認。

日本大学アメリカンフットボール部員の違法薬物事件への対応をめぐり、同大は29日、臨時理事会を開き、酒井健夫学長と沢田康広副学長(競技スポーツ担当)の辞任を承認した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33087baec5e904c85be8b4b6b999d7512bd8f462

第三者委員会の報告書では、大麻の可能性が高い植物片を見つけながら12日間、警察に報告しなかったことに対し、沢田副学長、その対応を「適切だ」とした林真理子理事長、酒井学長の対応などを問題視し、経営層の処分を言及していました。

先月公表された第三者委員会の報告書は、大麻の可能性が高い植物片を見つけながら12日間、警察に報告しなかった沢田副学長や、その対応を会見で「適切だ」と強調した林真理子理事長、酒井学長の対応などを問題視。「経営層の処分」に言及していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33087baec5e904c85be8b4b6b999d7512bd8f462

酒井学長は年度末で、沢田副学長には即時の辞任が提案され、林理事長は減給50%(6カ月)が決まったようです。

スポンサーリンク

日大には旧体制派がはびこる問題気質が残っている!?

日大アメフト部は、2018年に関西学院大学との定期戦で「悪質タックル」問題を起こしました。

不祥事を二度と起こさないよう体制を一新、林真理子さんを理事長にすえ再スタートを切ったのが5年前の話。

この不祥事を機に日大の各運動部を統括する「日本大学競技スポーツ部」は改編されたようですが、

実際にはアメフト部出身の人もいて「悪質タックル」問題を起こすような気質は、

残ったままと東スポWEBでは報道しています。

「(競技スポーツ部にも)何人かアメフト部出身の方もいて、林理事長よりも、田中(英寿)元理事長のほうが素晴らしいという考えの人もいる」と明かした。日大の〝悪の親玉〟とされた田中元理事長は、脱税で21年11月に逮捕され、有罪判決を受けた。やはり「悪質タックル」問題を起こすような気質は残ったままというわけ。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/2b1b3bdeb45cbb6568e1f5ea0d7c341a2ad10af8

林真理子理事長は、8月2日に「薬物はみつかっていない」と発言していました。

情報を伝達せず旧体制派が、意図的に林理事長をおとしめた可能性もある、

旧体制派といわれる人は依然として日大にはびこっていると東スポWEBでは報道しています。

依然として日大にはびこる〝旧体制派〟は、22年7月に就任した林理事長の足を引っ張ることにも、ご執心なようだ。同関係者は「(2日に「違法薬物は見つかっていない」と発言した)林理事長は、何でも言っちゃうから、情報伝達のところで保体審(旧体制派)の力が働いたのかも」。意図的に林理事長をおとしめた可能性にも言及した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/2b1b3bdeb45cbb6568e1f5ea0d7c341a2ad10af8

日大アメフト部・廃部決定

2023年12月16日追記

2023年12月15日、理事の決議により賛成多数で廃部が決まりました。

理事会には現主将、次期主将予定者の2人の部員も出席。同部でまとめた再建案の発表や決意表明で存続を求めた。しかし、理事の決議により賛成多数で廃部が決まった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/679db4bad9bc0356d961c0ee1be331be02930d00

日大広報課は、いったん廃部とした上で同部の再建を検討する予定とコメント。

部員と保護者に対する説明会はこれからとのことです。

名門が83年の歴史にひとまず幕を下ろすことになり、日大広報課は「断腸の思い。本学としてはいったん廃止(廃部)とした上で同部の再建を検討する予定」とコメント。大学側は潔白の部員に不利益が生じないようにサポートを続け、何らかの受け皿を設ける方針。今後の活動の在り方は引き続き協議していく。部員と保護者に対する説明会を近日中に開催する予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/679db4bad9bc0356d961c0ee1be331be02930d00

一部の部員は署名を添え、方針撤回の要望書を大学側に提出。長くライバル関係にある関学大のOBも14日に約3万人分の署名を出していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/679db4bad9bc0356d961c0ee1be331be02930d00

一部の部員は署名活動で、約3万人分の署名を提出していましたが、声は届きませんでした。

ですが、今後は再建を検討するとのこと。

生まれ変わった日大アメフト部を、見たい、応援したいですね。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
//
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次