日大副学長澤田康広の経歴まとめ!刑事訴訟法の本も出す日大法学部教授

日本大学が薬物事件について2023年8月8日に記者会見をしました。

林真理子理事長とともに、話題になっているのが日本大学の副学長澤田康広さんです。

今回は、日大副学長澤田康広の経歴まとめ!刑事訴訟法の本も出す日大法学部教授を調査します。

スポンサーリンク
目次

日大副学長澤田康広のプロフィール

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/327256

初めに澤田康広副学長のプロフィールをご紹介します。

名前:澤田康広

生年月日:1964年8月

出身地:大阪府大阪市

年齢:58歳(2023年8月現在)

職業: 2018年4月~ 日本大学法学部教授、2020年4月~日本大学危機管理学部 非常勤講師

名前や学歴以外の詳細プロフィールは公表されてないようです。

白髪で貫録もおありなので、検事定年後に日大に勤務したとすると、

2018年が60歳であれば、現在は65歳くらいではないでしょうか。

⇒58歳であることが分かりました。(2023年8月12日)

スポンサーリンク

日大副学長澤田康広の経歴まとめ!

澤田康広さんの経歴は、

1992年:司法試験合格

司法試験合格後は、検事として東京、大阪、山口、大分、広島、新潟などの地検に勤務したようです。

1964年8月生まれ。日大法学部を卒業し、1992年に司法試験に合格。検事として、東京、大阪、山口、大分、広島、新潟などの地検に勤務した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c28562b1dda6b2c4dcf4003c9bfca13560b69447

2011年4月:山口地検 次席検事に就任

検事の種類について、

新任検事  検事任官1年目の検事。
A 庁検事  検事任官後4~5年目の検事。
        A 庁とは,東京地検や大阪地検といった大規模な検察庁のことを指す。
        検事任官後4~5年目の検事は,A 庁に配置されることから「A 庁検事」という。
シニア検事 A 庁検事期間を終えた検事。
三席検事  地方検察庁において次席検事に次ぐ立場にある検事。一般的に小規模な地方検察庁に置く
次席検事  属する庁の長に次ぐ立場にある検事。高等検察庁及び地方検察庁に各1名置く。
検事正    地方検察庁の長の立場にある検事。属する庁の職員を指揮監督する。
検事長    高等検察庁の長の立場にある検事。管内検察庁の職員を指揮監督する。
検事総長  最高検察庁の長の立場にある検事。全ての検察庁の職員を指揮監督する。

山口地検では2番目の職位ですかね。

2011年4月、山口地検の次席検事に就任。このとき中国新聞は「未検挙重要事件 早急解決に意欲 沢田次席検事 山口地検着任」との記事を掲載。記事によると、澤田氏は大阪市生まれ。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c28562b1dda6b2c4dcf4003c9bfca13560b69447

スポンサーリンク

2015年:東京地方検察庁総務部 副部長

2015年8月、ラオスの法曹関係者が来日した際は、東京地検の総務部副部長として質疑応答を行ったそうです。

15年8月、ラオスの法曹関係者が来日し、日本における法曹家の育成システムについて視察と意見交換が行われた。その際、澤田氏は、東京地検の総務部副部長として質疑応答を行ったという記録が残っている

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c28562b1dda6b2c4dcf4003c9bfca13560b69447

澤田康広さんの時折見せる眼光の鋭さは、元検事さんだからですね!

2016年4月1日:宇都宮地方検察庁 次席検事就任

2016年4月1日付けで宇都宮地検の次席検事に着任、

16年4月1日付けで宇都宮地検の次席検事に着任。8日には栃木小1女児殺害事件の判決公判が宇都宮地裁で開かれ、被告は冤罪を主張したが判決は無期懲役。澤田氏は「検察官の主張が認められた妥当な判決であると認識している」とのコメントを出した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c28562b1dda6b2c4dcf4003c9bfca13560b69447

栃木小1女児殺害事件はこちら⇒産経新聞2016年3月26日

2018年3月4日:宇都宮地方検察庁 次席検事退任しています。

18年3月4日、下野新聞は朝刊に「本社来訪」の記事を掲載。《沢田康広氏(宇都宮地方検察庁次席検事)退任あいさつ》と報じた。そして、同年4月、澤田氏は日本大学法学部の教授に就任している。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c28562b1dda6b2c4dcf4003c9bfca13560b69447

日大勤務は2018年からのようです。

2018年4月~ 日本大学法学部教授就任

2020年4月~日本大学危機管理学部 非常勤講師

危機管理学部?! 非常勤講師なんですね。

2023年からは、

日本大学副学長を兼務

副学長は就任したばかりのようです。

2023年8月8日に行われた記者会見の「アメフト部員薬物事件」は2022年からの事件でありますが、

澤田康広さんは元検事でもあるので抜擢されたと思われます。

また、澤田康広さんは、書籍を執筆されています。

書籍:2019年 Next教科書シリーズ刑事訴訟法(第2版)第3章 公訴(澤田康広・辻本典央)

澤田康広さんは、「第3章 公訴(澤田康広・辻本典央)」の項目について書かれているようです。

本書は、主に法学部において刑事訴訟法を初めて学ぶ者に対する初学者教育向けの概説書です。刑事訴訟手続の全体的な仕組を明確にするためのアウトライン、各手続を支える基本原理、刑事訴訟法の主要な制度と問題点を採りあげ、条文、判例、実務と関連させて考察・解釈することを通して体系的な理解を図り、初学者の独習の際のニーズに応えられるよう工夫しています。

引用:https://www.koubundou.co.jp/book/b437887.html

検察官の公訴についての初学者向け教本ですね。

スポンサーリンク

学歴は?

澤田康広さんの大学は、

日本大学法学部卒業

偏差値は47-55。日本大学は,あらゆる学問領域を持つ16学部,大学院,短期大学部,通信教育部などを有する総合大学です。

澤田康広さんは学生時代に柔道をしていたようです。

座右の銘は、

学生時代に柔道の経験があり、座右の銘は「柔よく剛を制す」だという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c28562b1dda6b2c4dcf4003c9bfca13560b69447

柔よく剛を制す(じゅうよくごうをせいす)の意味は、

柔軟性のあるものが、そのしなやかさによって、かえって剛強なものを押さえつけることができる」ということです。

日本大学法学部卒業後は大学院へ進み、

日本大学大学院法学研究科博士前期課程修了

法学修士を取得。

博士前期課程は、教育研究上の目的を実現するため、公法学・私法学・政治学の3専攻があるようです。

澤田康広さんについては、公表されていないことが多いです。

しばらく続報があると思われますので、情報が確認でき次第追記していきますね!

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
//
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次