プチコミック編集長・須藤綾子の経歴|小学館在籍23年の大ベテラン

小学館のプチコミック編集長、須藤綾子さんを取り上げます。

スポンサーリンク
目次

プチコミック編集長・須藤綾子のwikiプロフィール

https://adpocket.shogakukan.co.jp/adnews/7059/

須藤綾子さんのwikiプロフィールをご紹介します。

  • 名前:須藤綾子
  • 生年月日:不詳
  • 職業:プチコミック編集長

スレンダーでお綺麗な方ですね!

スポンサーリンク

プチコミック編集長・須藤綾子の経歴|小学館在籍23年の大ベテラン

https://adpocket.shogakukan.co.jp/adnews/7059/

須藤綾子さんの経歴についてご紹介します。

須藤綾子編集長は漫画編集者を志望して2001年、小学館に入社。 最初『Cheese!』に配属され、3年在籍。 以降も女性恋愛漫画誌から一度も出ることなく、『ベツコミ』に7年在籍後、『プチコミック』に異動して2023年、編集長に就任。 各編集部で作品のアニメ化、ドラマ化、映画化を多数経験し、小学館漫画賞の受賞作品も担当。

小学館

小学館入社

2001年、漫画編集者を志望して小学館に入社。

漫画編集者は、漫画家と一緒にキャラクターや物語を構想し、全体のスケジュール管理をしながら完成までをサポートするお仕事です!

株式会社小学館は、東京都千代田区にある日本の総合出版社。系列会社グループの通称「一ツ橋グループ」の中核的存在です。

1922年に創設され、2024年で創業102年の日本を代表する出版社です。

1926年に娯楽誌出版部門を集英社として独立。太平洋戦争後は娯楽図書出版に再進出し、総合出版社へ発展しました。

社名は、創設時に小学生向けの教育図書出版を主な業務としたことが由来だそうです。

現在、男性・女性コミック誌は、

  • 【男性コミック誌】
  • 週刊少年サンデー(毎週水曜日発売)
  • 週刊少年サンデーS(毎月25日発売)
  • ゲッサン(毎月12日発売)
  • 月刊サンデーGX(毎月19日発売)
  • ビッグコミック(毎月10日・25日発売)
  • ビッグコミックオリジナル(毎月5日・20日発売)
  • ビッグコミックスペリオール(毎月第2・第4金曜日発売)
  • ビッグコミックスピリッツ(毎週月曜日発売)
  • 月刊!スピリッツ(毎月27日発売)
  • 【女性コミック誌】
  • Sho-Comi(毎月5日・20日発売)
  • Sho-ComiX(奇数月15日発売)
  • ベツコミ(毎月13日発売)
  • デラックスベツコミ(偶数月24日発売)
  • Cheese!(毎月24日発売)
  • プレミアCheese!(偶数月5日発売)
  • ちゃお(毎月3日発売)
  • ちゃおデラックス(奇数月20日発売)
  • プチコミック(毎月8日発売)
  • 姉系プチコミック(偶数月5日発売)
  • 月刊フラワーズ(毎月28日発売)

たくさんの種類のコミック誌があります!どれも知られているものばかりですね。

このような大きな出版社に入社できるのは、すごいことですね!

スポンサーリンク

2001年:『Cheese!』

須藤綾子さんは入社後、『Cheese!』に配属され、3年間在籍。

『Cheese!』は1996年創刊の、少女向けの月刊漫画雑誌。

誌名の「Cheese!」は写真を撮る時の合い言葉「ハイチーズ」が由来。“女の子が思わず無条件に笑顔になる”そんな少女漫画誌だそうです。

映像化が話題となった『コーヒー&バニラ』、華麗なる中華風ファンタジー『王の獣』など、刺激あふれる作品が並んでいます。

2004年:『ベツコミ』

2004年、『ベツコミ』に7年間在籍。

『ベツコミ』は、1970年創刊の純粋正統少女まんが誌。 ピュアでスウィートなラブストーリーで高校生を中心にしたすべての青春女子向けです。

7年間と長く在籍していたので、担当作品も多かったでしょうね。漫画家さんとの関係も良好だったのではないでしょうか

2011年:『プチコミック』

2011年、『ベツコミ』に7年在籍後、『プチコミック』に異動。

『プチコミック』は1977年創刊。当初はティーン向けのロマンチック・コミックでしたが、2009年頃より20歳前後の女性をターゲット層にしているとのこと。キャッチコピーは「まんがみたいな恋はある。」

2010年 には『姉系プチコミック』が創刊。

芦原妃名子さん原作の『セクシー田中さん』は2017年9月号から連載を開始しました。

スポンサーリンク

2023年:『プチコミック』編集長

2023年には、小学館入社22年目で『プチコミック』編集長に就任されました。

昇格ですね♪年収が気になりますが、大手出版社に就職したマンガ編集者の平均年収は600万円ー800万円と言われています。ベテラン編集者や編集長になると1000万円を超えることもあるそうです!

大手出版社に就職したマンガ編集者の平均年収は600万円ー800万円とされており、他の業界と比べても高水準であるといえます。さらに編集者としての経験を積み、編集長へとキャリアアップをしていくことで、年収はさらに上がっていきます。

https://eeo.today/media/2021/08/17/4086/

 須藤綾子さんは、各編集部で作品のアニメ化、ドラマ化、映画化を多数経験し、小学館漫画賞の受賞作品も担当する、小学館在籍23年の大ベテランです。

お読みいただきありがとうございました。

今後の益々のご活躍をお祈りいたします。

スポンサーリンク
//
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次