木原誠二の兄みずほFG木原正裕社長はどんな人?銀行エリートの家族構成を調査!

みずほフィナンシャルグループ代表執行役社長兼グループCEOに就任した、木原正裕さんについて調査します!

スポンサーリンク
目次

木原誠二の兄みずほFG木原正裕社長はどんな人?

始めに、木原正裕さんのwikiプロフィールをご紹介します。

kiharamasahiro
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/303652
  • 名前:木原正裕(きはらまさひろ)
  • 生年月日:1965年8月21日
  • 年齢:57歳
  • 出身地:東京都
  • 学歴:米国デューク大学
  • 職業:みずほフィナンシャルグループ代表執行役社長兼グループCEO

二人兄弟の長男です。弟の木原誠二さんは5歳下になります。

出身地は東京都ですが、父親の海外赴任により5歳から10歳までをアメリカシカゴで過ごしたそうです。

父親は木原雄一郎さんで、もちろん銀行員!シカゴ赴任は、東京銀行(現三菱UFJ銀行)での海外赴任だったようです。

スポンサーリンク

木原正裕の学歴

木原正裕さんの高校は、

桐蔭学園高等学校

桐蔭高校
https://toin.ac.jp/high/schoollife/life/

中高一貫教育の進学校で偏差値69。高校野球でも有名ですよね。

木原正裕さんの大学は、

一橋大学法学部

一橋大学
https://portraits.niad.ac.jp/faculty/campus-facilities/0220/0220-1C05-01-01.html

 法学部の偏差値は73の国立大学。

大学時代はアイスホッケー部に所属し、三井住友銀行の福留朗裕頭取は大学のアイスホッケー部の先輩で1年間一緒にプレーをした仲だそうです。

人脈がハンパないですね。

木原正裕さんは米国デューク大学に留学し1995年にロースクールを修了しています。

英語はもちろんネイティブですが、国籍や文化の壁を越えて交流できる日本人は珍しく、フェアな人柄だとその時の留学仲間の田村耕太郎・元参院議員は話しています。

デューク大学時代の留学仲間で、木原兄弟と親交がある田村耕太郎・元参院議員が人となりをこう語る。「留学に来ていた他の外国人に人気がありましたね。英語がうまい日本人はたくさんいますが、あれだけ国籍や文化の壁を越えて交流できる日本人は珍しいと思います。ジョークも受けるし、アメリカ人でさえ緊張するロースクールの授業で質問や意見表明を堂々とやっていた。ネイティブな英語力に加えてフェアな人柄が傑出していました」

https://www.moneypost.jp/873811/3/

スポンサーリンク

木原正裕の経歴

  • 1989年(23歳)日本興業銀行入行
  • 2017年(52歳)みずほ証券執行役員
  • 2018年(53歳)みずほ証券財務企画部長、
  • 2020年4月(55歳)みずほ銀行常務執行役員
  • 2021年(56歳)みずほ銀行常務執行役員
  • 2022年2月(57歳)みずほファイナンシャルグループ代表執行役社長

素晴らしい経歴ですね!

楽天の三木谷浩史会長は大学・銀行の1年先輩で、旧興銀の独身寮でともに過ごした仲で、今でも親交があるようです。

そして、2021年の経営混乱に伴い、2022年にみずほファイナンシャルグループ代表執行役社長に就任します。

2021年に続発したシステム障害による経営混乱に伴い、今年2月に社長に就任しました。3メガバンク社長で初めての平成入行組ということにとどまらず、大手銀行初の帰国子女トップです。

引用:https://www.nikkei.com/live/event/EVT220818002

みずほ銀行といえばシステムトラブルが連想されますが、

そこで社長として抜擢されるのは、経営能力において実力があることを示していますよね。

スポンサーリンク

木原誠二の兄みずほFG木原正裕社長・銀行エリートの家族構成を調査!

木原正裕社長の家族をご紹介します。

木原正裕の妻

名前:木原直子

生年月日:1969年3月13日

学歴:上智大学法学部・ロンドン大学キングスカレッジ卒

職業:バークレイズ信託銀行勤務

第一勧業銀行の常務を務めていた浜本光雄さんの長女

お嬢様ですね。しかも立派な経歴をお持ちの方です。

木原正裕の子供

木原正裕さんの子供の情報はありませんでした。

しかしお子さんがいるならば、やはり銀行員になる宿命なのでしょうか。

木原正裕さんの弟、木原誠二さんのような例外もありますのでそれぞれの道で活躍していただきたいですね!

木原正裕の父親

https://kiharaseiji.com/2831.html

木原正裕さんの父親は、木原雄一郎(きはらゆういちろう)さんです。

名前:木原雄一郎

生年月日:1936年

職業:実業家

1960年~年東京銀行(現三菱UFJ銀行)を経て、1988年日本国際通信(現ソフトバンクモバイル)で重役を歴任。

すっ!すごい経歴ですね。

ちなみに、祖父の通雄さんは第一信託銀行(現みずほ銀行)の常務を務め、高祖父の頼三さんは、明治期に長崎で開業していた諫早銀行の頭取を務めていたそうです。

まさに「華麗なる一族」の出身なのですね!

木原雄一郎さんは息子、木原正裕さんについて銀行マンにする意向はなかったようです。

「私自身は銀行員として生きてきましたが、私が働いていた時代は日本の高度成長期ですから、銀行はその成長のために資金提供をするという重要な役割があった。それなりに力があった仕事でした。それが現在、だんだんとその魅力が下がってきたのは事実ですからね。だから、子供を銀行にやりたいという強い意向はありませんでした」

引用:https://www.moneypost.jp/873811/2/

一方、木原誠二さんについては政界入りが心配だったようです。

しかし失敗したらまたチャレンジすればいいと、引き留めることはしなかったとのこと。

東京銀行から日本国際通信の専務を務めた父・雄一郎氏は政界入りが心配だったという。

「相当本人と話しましたけどね、強い希望だったから、とりあえずやってみろと。失敗したら、また新しいことにチャレンジすればいいんだからと、特に引き止めることはありませんでした」

引用:https://www.moneypost.jp/873813

子供達には割と寛大なようですね。そうすると、母親は厳しい方だったのでしょうか?

スポンサーリンク

木原正裕の母親

木原正裕さんの母親の情報は公開されていませんが、弟の木原誠二さんの欧米5カ国歴訪に同行した際、首相が記者団の取材に応じている時にズボンのポケットに手を入れて近くに立っていたためSNSで批判されたことがありました。

その時に木原誠二さんが「母親から叱られた」と話しています。

木原誠二ポケットに手を入れる
https://mainichi.jp/articles/20230120/ddm/005/010/083000c

母親には今でも頭が上がらない存在なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

木原正裕の弟

木原誠二
https://www.jiji.com/jc/giin?d=adb173d7aaf1ee50a07dc6e98194750e&c=syu

名前:木原 誠二

生年月日:1970年6月8日  53歳

出身地:東京都渋谷区

所属政党:自由民主党(岸田派)

今では、岸田政権の懐刀と言われています。

木原誠二と木原正裕の仲

木原兄弟と親交がある田村耕太郎・元参院議員によると、実はお互いあまり話をしないようです。

金融庁と金融関係者の勉強会の時も、木原誠二さんの力を借りず弟に迷惑をかけたくないというような感じがあったそうです。

「誠二氏が郵政選挙で当選した時、正裕さんは『新人なのでよろしく』とそれだけでした。誠二氏と食事をした時も『兄から色々聞いています』とだけでした。実はお互いあまり話をしないというようなことを言っていましたね。

 その証拠に金融庁と金融関係者の勉強会をやろうという時も、正裕さんに『弟さんの力を借りれば僕よりもっといいんじゃない』と言ったことがありますが、彼は『いやあそれはちょっと』と苦笑いしていた。兄として弟に迷惑かけたくないという思いを感じました」

引用:https://www.moneypost.jp/873815/2/

また、父親の木原雄一郎さんは、二人は小さいときは仲良くしていたと話しています。

父の雄一郎氏も、兄弟の関係を「小さい時は仲良く遊んでいましたが、大きくなってからは、なかなか一緒に遊ぶこともなかった感じですね」と語る。

引用:https://www.moneypost.jp/873815/2/

兄弟で微妙なライバル意識があるようですが、木原誠二さんと木原正裕さんは銀行一家の生まれ。

父親は東京銀行(現三菱UFJ銀行)出身で、祖父もみずほFGの前身である第一勧業銀行の役員。

曾祖父は長崎にあった諫早銀行の頭取を務め、木原正裕さんはその流れを引き継いだようです。

一方、木原誠二さんは財務省(旧大蔵省)出身であり母方の血筋を受け継いだようです。祖先は会津藩出身で、曾祖父は大蔵省で監督局銀行課長を勤めた下坂藤太郎さん。

下坂藤太郎さんは、台湾銀行の総裁だった後藤新平に請われ明治32(1899)年、台湾銀行の副総裁に就任し、台湾との縁も深くその後日商(現双日)の初代社長も務めた方です。

ですので、歩む道は違いますが、日本を良くするという点ではお互い惹かれ合っているのではないでしょうか。

お読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク
//
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次